占いまにあ

タイトルどおり占いまにあが占いまにあの為に情報発信するブログ

MENU

【十二運】衰の性格・特徴【四柱推命】

四柱推命十二運のひとつ「」について解説していきます。

 

 

 

十二運 衰の象意

十二運」とは、人の一生になぞらえ分けられた、十二種類の運勢です。「」「」「長生」「沐浴」「冠帯」「建禄」「帝旺」「」「」「」「」「」…と、胎児から赤ちゃん、子供、思春期、社会人へと成長し、地位を得てトップに立ち、その後、老後に病気になると死を迎え、お墓に埋葬されてあの世へ旅立ちます。そして、また胎児になり…という、人の一生の“盛衰、サイクル”を表しています。

 

」はその中で、穏やかに余生を過ごす“老年期”にあたります。

 

十二運」では、どの状態でのエネルギーを持って生まれてたのかがわかり、その人の性格や才能、生き方、運勢、エネルギーの大きさ、などが読みとれます。特に日柱の影響が強く、次点が月柱の十二運です。日柱の十二運がプライベートで見せる顔、月柱の十二運が他人に見せる顔ともされています。四柱推命では、十二運の」ですが、算命学では十二大従星の天堂星」という名前になります。また、動物占いではたぬき」にあたります。

 

十二運【四柱推命 衰(すい)
十二大従星【算命学】 天堂星(てんどうせい)
動物占い たぬき
運の強弱 弱※
エネルギー値
人生の流れ 老年期
裏星 養(よう)
に分類される流派もあります。
キーワード

衰退、退く、淡白、慎重、消極的、保守的、自制心、マイペース、経験、継承、成熟、熟年など

衰の性格・特徴

「衰」の性格特徴をわかりやすくまとめると…

 

point
  • 堅実で、落ち着きがある
  • 相手に合わせられる
  • 忘れっぽい
  • ルールに厳しい
  • 古い物が好き
  • 鶴の一声

 

」は、全ての物事で頂点に達した「帝旺」の時代から、一線を退いた状態の星。定年を迎えた老年期や会社の会長などを表します。若々しさやフレッシュ感はありませんが、これまで積み上げてきた経験や知識があるので、落ち着いた大人の雰囲気をもちます。

そのため、年齢が若くても大人びていたり、貫禄を感じさせるでしょう。同年代よりも年配者のほうが話も合い、また好かれやすいです。過去の経験や実績を重視するので、新しい物よりも古い物を好みます。歴史や伝統、神社仏閣や和の物に興味を抱くでしょう。心穏やかに余生を過ごす時代を表すだけに、人間だけに限らず、動植物と波長を合わせることができる一面もあります。

忘れっぽくて少々天然なところもありますが、性格は真面目で堅実。礼儀やルールに厳しく、礼儀知らずな人には嫌悪感を抱きます。他人の意見や知識よりも自分自身が経験したものしか信用しない、用心深さもあります。ですが、相手によって上手く自分を変えられる協調性の高さももち合わせています。誰とでも仲良くなるというタイプではありませんが、一度心を開けば深く長く付き合っていけるでしょう。

 

 

」は、言葉に説得力があり、一歩引いて皆を見守ることができるので、よいアドバイスをくれる鶴の一声的存在にもなれます。ただ、“老人の星”なので自身の行動力には乏しく、口だけの人と見られてしまうことも。自分のこだわりに関しては一切譲らない面もあるので、頑固者に思われることもあるでしょう。

」は、少し前まで「帝旺」だったためか、なかにはとても気の強いタイプもいます。何でもしてもらうのが当然のような、ワガママな老人のようなタイプです。でも本来の「」は、自分に自信がなくて消極的。弱音や不満を表に出せないので、一人で苦労を背負い込んでストレスを溜めやすいです。

本当は安定した高い実力を備えていますが、目立つことや干渉されるのを嫌がり、あえて裏方や二番手のポジションに留まります。「」の人は、ときに“周りの人を信じてみることが必要”です。「」は、年を重ねるごとに良さが出てくるとされているので、“縁の下の力持ち”として周りから欠かせない人物になれるでしょう。

年柱に衰

年柱は、0歳から20歳ぐらいまでの初年期の運勢親(特に父親)や祖父母など目上の人との関係性、先祖などの家系を表します。他にも本人の人生傾向、育ってきた環境も表し、算命学(陽占)では左肩の星にあたります。

年柱に「」がある人は、引っ込み思案で消極的な子供時代を過ごします。家庭が衰退する時期に生まれやすく、親や目上からの援助はあまり期待できません。両親に頼ることができないことから、用心深い性格になり、大人びた子供になります。

若くして落ち着きがあるので、老人のような面があるでしょう。全ての物事に用心深いですが、浪費には注意が必要です。また、苦労も多いですが、自力で人生を切り開こうとする気持ちがあります。

月柱に衰

月柱は、20歳ぐらいから40歳ぐらいまでの青年期の運勢親(特に母親)や兄弟姉妹、友人との関係性を表します。他にも仕事運、社会面での性格などを表し、算命学(陽占)では左足の星にあたります。

月柱に「」がある人は、他人に上手く合わせられる温厚な人。明るく見えても、目立つことが苦手で、あまり自分に自信がない人が多いです。ですが、周囲を上手に立てることができるため人には好かれるでしょう。忍耐強いところもあり、女性は“福分がある”ともされています。ただ、身内や他人の世話事で苦労をする傾向があるので、保証人の引き受けなど金銭面には十分気を付けたほうがいいでしょう。

保守的で堅実な」の人は、コツコツ経験を積み重ねる継続力や、緻密な作業が求められる仕事に向いています。書類整理などが得意です。裏方や人をサポートすることも好むことから、教師は適職でしょう。逆に、臨機応変さが求められる仕事や営業職などは苦手です。また、心配性なところと過労には注意。物事をプラスに考えるように心掛け、周りの役に立っていることが実感できれば開運に繋がります。

日柱に衰

日柱は、40歳ぐらいから60歳ぐらいまでの中年期の運勢自分自身と配偶者、プライベートや恋愛運、健康運を表します。算命学(陽占)では右足の星にあたります。

日柱に「」がある人は、保守的な現実主義者。真面目で何事にも慎重な性格。自分の考えや経験しか信用していないところがあります。目立つことが苦手で、人の輪の中に入れない内気な部分もあるでしょう。また、親との縁が薄く、若い頃は苦労しやすいですが、年重ねるにつれ周囲から信頼される人物になれます。

用心深い」は、恋愛面でもその傾向が表れるため、古風な恋愛をする人が多いです。真面目で真剣な交際をするので、基本あまり浮気の心配はいらないでしょう。ただ、奥手なので好意を伝えられないまま終わるパターンも多いです。好みは、穏やかで安定した収入がある人。相手は年の離れた人が多く、結婚はお見合い結婚が多いです。男性は、妻と段々不和になりやすいですが、女性は家族を上手く支える良妻賢母になります。ただし、浮気は絶対に許さないタイプです。

時柱に衰

時柱は、60歳以降の晩年期の運勢子供や目下との関係、仕事上での本人の能力などを表します。

時柱に「」がある人は、無理をしないでいれば落ち着きのある晩年を迎えられます。「」は、文字通り“衰退”を意味することから、子供運はあまり良いとはいえません。子供に関することで悩むことが多くなるでしょう。

何事にも腰が重いですが、その慎重な性格から周囲の信頼を得ることができます。日常の小さな出来事で幸せを実感する、そんな老後を過ごせるでしょう。

衰が空亡

算命学では、天堂星中殺となります。

命式の「」が空亡になる人は、“心の安定と老年期”に影響を受けます。」は定年を迎え、趣味などに時間を費やしたりする、穏やかな余生の時期を意味する星。その「」が空亡されると、心の安定が得られにくくなります。穏やかな老後とは真逆で、常に落ち着きがありません。些細な事でも動揺しやすく、心は不安や焦りでいっぱいです。定年になっても引退できないという場合もあるでしょう。

また、「」の特徴である用心深さは、空亡によってさらに強くなります。人を信用しなくなり、他人をはじめ家族ともあまりコミュニケーションをとらなくなります。人との関りが薄くなるので、孤独になりやすいです。でも本来「」は、人と関わることで幸せを得られる星。そのため、積極的に人との関わりをもつことが重要になっていきます。

日柱が衰の有名人

阿久悠 岩田剛典(三代目J Soul Brothers) 加藤浩次(極楽とんぼ) 佐々木蔵之介 菅義偉 舘ひろし 羽生善治 東野幸治 平野紫耀(King & Prince) 藤井フミヤ ラウール(Snow Man)

天海祐希 有村架純 池田美優 きゃりーぱみゅぱみゅ 後藤真希 田中みな実 壇蜜 土屋太鳳 戸田恵梨香 中川翔子 澤穂希 LiSA