【十二運】「死」の性格・特徴・有名人など【四柱推命】

四柱推命十二運のひとつ「」について解説していきます。

 

 

 

十二運「死」の象意

十二運」とは、人の一生になぞらえ分けられた、十二種類の運勢です。「」「」「長生」「沐浴」「冠帯」「建禄」「帝旺」「」「」「」「」「」…と、胎児から赤ちゃん、子供、思春期、社会人へと成長し、地位を得てトップに立ち、その後、老後に病気になると死を迎え、お墓に埋葬されてあの世へ旅立ちます。そして、また胎児になり…という、人の一生の“盛衰、サイクル”を表しています。

 

」はその中で、人生を全うし、肉体から魂が離れた“死人”の状態にあたります。

 

十二運」では、どの状態でのエネルギーを持って生まれてたのかがわかり、その人の性格や才能、生き方、運勢、エネルギーの大きさ、などが読みとれます。特に日柱の影響が強く、次点が月柱の十二運です。日柱の十二運がプライベートで見せる顔、月柱の十二運が他人に見せる顔ともされています。四柱推命では、十二運の」ですが、算命学では十二大従星の天極星」という名前になります。また、動物占いではゾウ」にあたります。

 

十二運【四柱推命 死(し)
十二大従星【算命学】 天極星(てんきょくせい)
動物占い ゾウ
運の強弱
エネルギー値
人生の流れ 死人
裏星 沐浴(もくよく)
 
キーワード

死、停止、停滞、内剛外柔、せっかち、淡泊、内弁慶、学芸、技術、お人好し、受け身、自由、霊感、哲学、宗教、神道、医学など

「死」の性格・特徴

「死」の性格・特徴をわかりやすくまとめると…

 

point
  • 真面目で努力家
  • 純粋
  • 不言実行
  • 頑固
  • 怒ると怖い
  • 霊感が強い

 

」は、生死を彷徨っていた「」の時代から、病気が進行して死を迎えた“死人の星”です。肉体から魂が離れ、全てが停止、無になった状態を意味します。善悪、陰陽、男女、上下、時間などの、全ての差別やしがらみから解放されたため、自由でとても純粋な星です。

そのため、「」の人は差別や区別をしない穏やかな気質をもちます。とでも損得関係なく、平等に接します。気性の荒い人とも柔軟に合わせることができ、飄々とした雰囲気をもつでしょう。明るい部分もありますが、どこか憂いも感じさせます。

の純粋さは、自分の好きなことに夢中にのめり込める性質も表します。なので、好きなものが見つかれば、一つの事をぶれずに貫くことができます。多趣味で手先が器用なため、何かの研究や専門家として活躍できるでしょう。そのひたむきな努力は、世界クラスで地位を得ることができるほどです。自覚はありませんが、その姿勢が周りからは、ストイックで真面目な人に見られます。

 

 

寡黙で一心に努力を重ねる、不言実行」は、まさに影の努力家”。ただ、あまりにもアピールをしないので、人によっては何の努力もしてない人と誤解を招くことも。受け身でいる姿勢が、自分がないと揶揄されることもあります。

でも、「」は実はとても頑固。そして、マイペースで意外とせっかち。他人にとやかく言われるのを非常に嫌います。そのため、ペースを乱されると烈火の如く怒りを爆発させますし、プライドを傷付けられようものなら一生許しません。普段が穏やかなので、周囲はそのギャップに驚かされるでしょう。でもその反面、アレコレ考えて結局行動を起こせない、繊細で心配性な部分ももちます。

」は、自分にも他人にも厳しく、とにかくストイック。強靭な精神力をもつので、困難に耐えすぎてしまいます。そうなると、いずれ肉体に支障をきたすので、ときには周りの人に頼ってみることが大切です。「」は、他人に助けられる星なので、安心して任せることができます。また、「」はとても“スピリチュアルで哲学的な星”。勘が鋭くて霊感が強いです。人の気持ちを読み取ったり、嘘を見破る力があり、中には未来を予測できる人もいる、特殊な星です。

 

年柱に「死」

年柱は、0歳から20歳ぐらいまでの初年期の運勢親(特に父親)や祖父母など目上の人との関係性、先祖などの家系を表します。他にも本人の人生傾向、育ってきた環境も表し、算命学(陽占)では左肩の星にあたります。

年柱に「」がある人は、親との縁が薄く、浮き沈みの激しい初年期を過ごします。親への情があるものの、子供の頃に親と生死別する傾向にあり、孤独になりやすいです。金銭面で苦労をしたり、なかには病気や事故に遭うこともあるでしょう。

しかし、そのような困難にも持ち前の忍耐力で乗り越えることができます。性格は、我がなくて素直。感性豊かで奉仕精神に溢れる一面もあります。協調性をいつも心掛けていられるといいでしょう。

月柱に「死」

月柱は、20歳ぐらいから40歳ぐらいまでの青年期の運勢親(特に母親)や兄弟姉妹、友人との関係性を表します。他にも仕事運、社会面での性格などを表し、算命学(陽占)では左足の星にあたります。

月柱に「」がある人は、忍耐力と、思い込みがつよい人。目標を定めると、一生懸命努力して取り組みます。でも、思い込みのつよい一面があり、その点が人と衝突を招くことがあります。この時期は、仕事や家庭でのトラブルに苦労をするため、波乱含みの運勢といえるでしょう。また、兄弟姉妹がいても疎遠になりやすいです。慎重な態度を心掛け、早めに自立したほうがその後の人生は楽になります。

仕事面では、特徴のひとつである“忍耐強さ”を活かした仕事が適職。堅実で、どんな困難にもめげずに努力を重ねられるため、地道な作業が求められる職種や職人と呼ばれるような職業に向いています。 会計士や弁護士、建設業や医療関連にも適性があります。表現力もあるので、クリエイティブな分野でも活躍できるでしょう。夢中になれるものができれば、成功することが多いです。マイペースで内向的ですが、安心感と信頼感があるので、組織のリーダーや影のリーダーとして率いることもできます。ただ、心配性で妥協を許せない性格なので、あまり根を詰めすぎないように気を付けたほうがいいでしょう。

日柱に「死」

日柱は、40歳ぐらいから60歳ぐらいまでの中年期の運勢自分自身と配偶者、プライベートや恋愛運、健康運を表します。算命学(陽占)では右足の星にあたります。

日柱に「」がある人は、真面目で取り越し苦労の多い人。穏やかで頭が良く、手先が器用です。また地道に努力を重ねられる人です。ただ、短気でせっかちな部分ももっています。人の意見に耳を傾けない頑固さもあるでしょう。過去の出来事を引きずったり、考え過ぎてしまうので取り越し苦労をしやすいです。幼少期に大病や怪我をすることもあります。親との縁が薄いですが、他人からは助けられることが多いです。悟りを開き、宗教家として活動することもあるでしょう。

真面目で実直な性格は、恋愛面でも表れます。穏やかで優しい人柄なのでモテることが多いです。ですが、口下手で愛情表現が苦手。不器用です。でも、面倒見がよくて愛情深いです。そのため、結婚したら家族のことを一番に考える、よき夫、妻になるでしょう。ただ、束縛を嫌がるタイプとは合いません。また、離婚する暗示があり、女性は離婚後は再婚よりも自立したほうがいいとされています。

時柱に「死」

時柱は、60歳以降の晩年期の運勢子供や目下との関係、仕事上での本人の能力などを表します。

時柱に「」がある人は、穏やかな反面、せっかちな老後を過ごす人。子供縁が薄いため、子宝に恵まれなかったり、場合によっては先立たれるケースもあります。また、子供との関係が悪くて孤独になることも。ただ、養子運には恵まれています。

性格的にはせっかちなところがあるため、独断で判断を急ぎ、周囲との関係を悪くしてしまうことがあるでしょう。ですが、直感力に優れているため、タイミングよくチャンスを掴むこともできます。穏やかで世話好きなところは周りから慕われるでしょう。

「死」が空亡

算命学では、天極星中殺となります。

命式の「」が空亡になる人は、特徴である“純粋さと霊感”に影響を受けます。」は、肉体と精神が離れた時点を表す星。その「」が空亡になると、現実と精神の区別ができなくなります。心のこもった物を貰っても感謝(精神的な表現)を表すことができず、物(現実的な表現)で返そうとします。現実には現実、精神には精神というように返すことができません。優柔不断でけじめのない人になりやすいでしょう。

また、他界したことにより、全てのしがらみから解放された「」は、とても純粋な心をもった“霊感の強い星”。空亡になると、その霊感と純粋さはさらに強まります。霊現象を経験したり、神様や宇宙といった神秘的なものを好むでしょう。事業家や理数系の分野などは不向きですが、音楽や絵画などの芸術の世界では活躍することができます。でも、純粋すぎて騙されることも多いです。そのため、一般的な生活が難しく、宗教の道に進むことも珍しくありません。しかし、中には本来の「」とは真逆の現実性を極端に重視する人物も存在します。

日柱が「死」の有名人

相葉雅紀 石原慎太郎 稲葉浩志(B'z) 神木隆之介 堂安律 佐藤勝利(Sexy Zone) DAIGO 中居正広 橋下徹 三浦春馬 道枝駿佑(なにわ男子) 山口達也 山田孝之

荒川静香 安藤優子 小泉今日子 倖田來未 篠原涼子 ファーストサマーウイカ フジコ・ヘミング 堀北真希 前田敦子 松浦亜弥 松任谷由実 吉永小百合 ローラ