MENU

【日干支】「庚辰」の性格・特徴・恋愛・適職・有名人など【六十干支】【四柱推命】

春の岩石

六十干支のひとつ「庚辰」について解説していきます。

 

 

 

「庚辰」

土の中の金

読み方 かのえたつ、こうきんのたつ
干支番号 17
天干 (=鉄、岩石)
地支 辰(=春の終わり、湿った土)
象徴 春の岩石、土の中の金など
十二運
空亡 申酉
納音 白鑞金
異常干支(算命学)
三業干支(算命学) 傷体の業
その他 魁罡(かいごう)

 

日干支が「庚辰」の性格・特徴

「庚辰」の性格・特徴をわかりやすくまとめると…

 

point
  • 内に強さと勝ち気さを秘めた穏やかな人
  • 真面目で保守的
  • 警戒心が強くて自己アピールが苦手
  • せっかちで真っ直ぐな性格
  • 強運な反面、波乱万丈

 

内に強さと勝ち気さを秘めた穏やかな人

精錬される前の荒れた金属や岩石を表す「」と、草木が一段と勢いづく晩春の季節を意味する「」。その要素を併せもった「庚辰」は、“春の岩石”に例えられ、内に強さと勝ち気さを秘めた穏やかな人になるのが特徴になります。

シャープな頭脳をもちながら、その激しい気性と攻撃性から「戦いの神」ともいわれる「」と、同じく意志と気の強い「」を併せもつため、「庚辰」は別名「春金神」や「水路将軍(辰が水庫なことから)」と呼ばれるほど、非常に気が強く、負けず嫌いな性格とされています。くわえて、こちらも気性も運勢も激しいといわれる「魁罡」ももつため、「庚辰」の気の強さは相当なものでしょう。ですが、その一方で人を傷付けることを好まない“平和主義”な部分があるので、普段は争い事は避けるような生活をすることが多く、穏やかで知的さを感じさせる人です。でもいざという時には、内面の強烈な闘争心と意志の強さを見せるので、周りを驚かせることもあるでしょう。

真面目で保守的

内に強さと勝ち気さを秘めた「庚辰」は、本来は創造性と新規開拓の精神に溢れた、世のため人のために役立とうとする行動派なタイプです。ですが、十二運に“赤ちゃんの星”である「」をもつため、攻撃的な内面とは裏腹に争い事が苦手な傾向にあり、危険や争い事などはなるべく避けようとする保守的な人になります。

性格は意志が強い、竹を割ったような人なので、媚びたところはありませんが、人間関係でも仕事面でも真面目で礼儀正しいです。変化や目立つことをあまり好まず、現状維持を一番に心掛けるような堅実的な生き方をするでしょう。真面目な性格なゆえに口うるさくなることもありますが、責任感の強さやその人柄から信頼されることが多いです。ただ、内面が自信家で負けず嫌いな庚辰」には、本当はこじんまりとした生き方をするのは合ってないでしょう。

警戒心が強くて自己アピールが苦手

気が強い反面、保守的なところのある「庚辰」は、“警戒心がとても強い”のも特徴です。常に周囲や物事の動向をうかがっており、優れた洞察力で自分を利用しようと企む人や悪意をもつ人を見抜くことができます。そのため、トラブルや面倒な事が起きても上手くかわせるでしょう。

ただ、警戒心が強いあまり、人付き合いは淡白で限定されることが多いです。元々がワガママで好き嫌いが激しかったり、自己アピールが苦手な部分をもつため、社交的なタイプとはいえないでしょう。豊かな感性や創造性に秀でるので、独自の世界観を作ることも多く、また何でも自分で解決しようとするので孤立することも少なくないです。

 

 

せっかちで真っ直ぐな性格

基本的には穏やかな「庚辰」ですが、元々が我慢することや、じっとしていることができない行動派な人なので、せっかちな部分をもっています。自信家で、細かいことにこだわらない豪快で大胆な性格でもあるため、時に一人で突っ走してしまうこともあるでしょう。やると決めたら最後までやり通す意志の強さは長所でもありますが、周りの意見に耳を貸さないその頑固さは、人によっては自分勝手だと思われることも少なくありません。

また、感じたままを言葉にするため、口調もストレートでキツくなりやすく、中にはプライドばかりが高い粗暴なタイプもいるので、無神経だと誤解されることもあるでしょう。ですが、本人的には悪気がなく、ただ自分の好きな事、信じた道を真っ直ぐに突き進んでるだけという場合が多いです。なので、その裏表のない無邪気な人柄から本気で人から嫌われるということは少なく、それに気さくで可愛らしい一面もあるので、好かれることのほうが多いでしょう。

強運な反面、波乱万丈

別名を「春金神」、「水路将軍」とも呼ばれる「庚辰」は、元来平凡で安定した人生を送るよりも、戦いが必要とされるような環境や、社会が動乱している時ほど活躍するといわれている“とても強い干支”です。スケールが大きいほど本領を発揮し、命式によっては国や世界を動かすような人物になるとも。そのため「庚辰」は、リーダー的存在になることが多く、また豊かな感性や才能に恵まれているうえに一つの事突き詰められる根気強さも備えているので、専門分野を極められる“強運の持ち主”でもあります。

ただ「庚辰」は、強運な反面、“波乱万丈”にもなりやすいです。吉凶両極端の性質をもつ星「魁罡」をもつため、運勢も気性も激しく、頭脳明晰な一方で他人を制圧しようとする強烈な闘争心や、手段を選ばないところがあるとされています。吉に働けば文武両道で人を惹き付けるオーラをもち、社会的にも大いに発展できますが、凶に働けば自分勝手で粗暴な部分が強く表れ、荒波に揉まれるような人生になるでしょう。また、「傷体の業」という因縁ももつため、怪我や病気などで身体を傷付けられることも多いです。その事で運気が上がる宿命とされていますが、先祖供養をすることが大切でしょう。「庚辰」は、変化や苦労を多く経験しやすく、平凡な生き方ができないことで苦しむこともあります。本当は繊細な部分もあるので、困ったときには素直に周りに頼ってみるといいでしょう。周りへの感謝や謙虚な気持ちを忘れず、世のため人のために働くと財と名誉を手にするとされています。

 

日干支が「庚辰」の恋愛・結婚

庚辰」は、穏やかな反面、警戒心がとても強いので、一目惚れですぐに交際するということはなく、相手をよく観察してこの人なら信用できる、と確信してから交際を始めるタイプです。裏表のない真っ直ぐな性格なので、駆け引きなどもせず、好意が無意識に相手に伝わることもあるでしょう。意外と依存心や嫉妬心が強いところもありますが、交際が始まれば元々面倒見のいい優しい人なので、相手を家族のように大切にします。ただ、付き合いが長くなるにつれ、段々と内面の気の強さとワガママさが出てくることも。

女性の場合は、真面目でゆったりとした穏やかな人が多いです。でも、日頃から気遣い屋でストレスを溜めやすいので、急に感情が爆発することも。恋人とはいつも一緒にいたいタイプなので、甘えたがりで連絡もマメです。結婚後も、恋人の時と変わらぬ関係を望み、相手にもよく尽くすでしょう。内面が気が強い男勝りな人なので、自分よりも弱くて優しい相手と上手くいきやすいです。タイプは、自分を気遣ってくれる誠実な人か、尊敬できる年上の人を好むようです。

男性の場合は、愛情表現が苦手な真面目な人が多いです。保守的で真面目な人なので、結婚前提で交際を始めることが多く、誠実で浮気もしません。安らぎを求めているので、自分を甘えさせてくれるような相手や家庭を求めるでしょう。タイプは、礼儀正しくて聞き上手な人を好むようです。

 

日干支が「庚辰」の適職

意志が強く、好き嫌いもハッキリしている「庚辰」は、好きなものや興味のある事に対しては強い集中力を発揮し、努力も惜しみません。一つの事を突き詰められるため、その高い集中力を活かせる仕事が適職です。特に豊かな感性や創造性に恵まれているので、アーティストや俳優、デザイナーとしてその能力を発揮することが多いでしょう。興味の対象がスポーツであれば、スポーツ選手としても活躍できる可能性があります。「庚辰」は、早いうちに自分にあった仕事を見つけて、自分の感性をそこで活かせると運気が発展しやすいです。

 

 

庚辰」は、ボランティア精神に溢れた優しい人も多いので、人の役に立てる仕事も適職です。医師や薬剤師などの医療関係にも向いていますし、面倒見もいいので教師にも適性があります。また、礼儀正しくて真面目な人なので、公務員をはじめとした経理職や銀行員などの仕事も向いています。技術や知識を受け継ぐこともできるため、職人や学者としても能力を活かせるでしょう。逆に、そんな「庚辰」に向いていないのは、社交性が必要とされる仕事だといえます。警戒心が強くて実は人の好き嫌いが激しい「庚辰」は、自分を強くアピールすることが苦手で社交的なタイプではありません。なので、セールスや水商売などの仕事は合わないでしょう。統率力のある庚辰」は、組織やチームとしても活躍することもできますが、繊細で周りの事を気にしやすいところがあるので、ストレスを溜めやすいです。そのため一人で自由に働ける環境のほうが実力を発揮できます。

適職

アーティスト、俳優、デザイナー、スタイリスト、モデル、花屋、建築士、スポーツ選手、医師、薬剤師、栄養士、医療関係、福祉関係、動物関係、教師、公務員、経理、銀行員、金融関係、IT関係、マネージャー業、受付・窓口係、学者、職人、宗教家など

日干支が「庚辰」の有名人

あだち充 安倍晋三 ウエンツ瑛士 大沢たかお 大森南朋 小澤征爾 鹿賀丈史 ゲッターズ飯田 佐藤健 篠山紀信 髙田延彦 平野歩夢 本庶佑 松村北斗(SixTONES) 宮沢氷魚 森田健作 横尾忠則 レイザーラモンRG

安室奈美恵 大黒摩季 かたせ梨乃 木南晴夏 小林麻耶 杉田かおる 平愛梨 武井咲 竹内まりや 中山美穂 長谷川潤 浜木綿子 藤島ジュリー景子 松下由樹 美村里江 横山めぐみ エリザベス女王