MENU

【日干支】「戊戌」の性格・特徴・恋愛・適職・有名人など【六十干支】【四柱推命】

晩秋の山岳

六十干支のひとつ「戊戌」について解説していきます。

 

 

 

「戊戌」

宝の眠る山

読み方 つちのえいぬ、ぼどのいぬ
干支番号 35
天干 (=山、山岳)
地支 戌(=秋の終わり、乾いた土)
象徴 晩秋の山、宝の眠る山など
十二運
空亡 辰巳
納音 平地木
異常干支(算命学) 通常異常干支
三業干支(算命学) 参籠の業
その他 魁罡(かいごう)、専旺干支

 

日干支が「戊戌」の性格・特徴

「戊戌」の性格・特徴をわかりやすくまとめると…

 

point
  • 自尊心が強いピュアな親分肌
  • 負けず嫌いでストイック
  • 凝り性な変わり者
  • 頭の回転が速くて感性に優れる
  • 頑固な反面、繊細で心配性

 

自尊心が強いピュアな親分肌

どっしりとそびえ立つ不動の山を表す「」と、秋の終わりや山などを意味する「」。その要素を併せもった「戊戌」は、広大な景色をもつ“晩秋の山”に例えられ、自尊心が強いピュアな親分肌になるのが特徴になります。

」と「」は、どちらも同一五行の(=陽の土)を表しているため、「戊戌」は天干と地支が強固に結び付いた状態の干支です。なので「戊戌」の人は、何にも動じないようなどっしりとした落ち着きのある存在感があり、自分の考えや価値観というものをしっかりもっています。一度決めた事は誰に何を言われようと変えない意志の強さと、自分の考えや自分自身にとても自信がある強い自尊心があるので、何かトラブルが起きても焦らず、冷静に対処していけます。集団行動よりも単独行動を好む一匹狼的な部分がありますが、心を開いた相手にはとても愛情深く、頼まれたらとことん面倒をみる“親分肌な人”です。また、意外と天然子供のようにピュアなところもあります。

負けず嫌いでストイック

戊戌」は、温厚で落ち着きのある人ですが、一方でプライドが高くて“負けず嫌い”な部分ももっています。根が自信家なうえに、吉凶両方の意味をもつ魁罡」という星の影響から、誰にも負けたくない、という気持ちが極めて強く、競争心や闘争心を駆り立てられるとやる気が一層上がります。

そのため、真面目でストイックな人が多く、何事にもやり抜こうとします。この特徴が良い方向へ活かせれば、たとえ困難に直面したとしても諦めない人となり、その忍耐力と情熱で勝負強さを見せるでしょう。意志が強い「戊戌」は、物事を長く追求して成功を手にすることが多いのですが、時に周囲が驚くような大胆で思い切った行動に走ることがあります。

凝り性な変わり者

とても真面目でストイックな「戊戌」は、ひとつの事にハマるとそれを徹底的に極めないと気が済まない“凝り性”なところがあります。興味がないものにはすぐ飽きてしまう反面、興味をもったものへのこだわりは強いので、趣味で集めた物をキレイにコレクションしていたり、健康法や筋トレにハマって体に良いといわれるものをどんどん取り込んでいたりします。

元々「戊戌」は、「異常干支」のひとつなので、一般の人とは変わった価値観や個性をもっています。なので、人が気にもしないような些細な事に敏感だったり、考え方が周りとは変わっていることが多いです。それに人になかなか心を開かず、壁を作っているので、何を考えているのか理解できないと思われることもあるでしょう。ただ、「戊戌」本人は自分が変わり者だという自覚は薄く、実際は芸術家気質な面白い人です。

 

 

頭の回転が速くて感性に優れる

異常干支」の「戊戌」は、高い学歴や教養を身に付けるほど常識から外れていき、異常性が表れるとされています。ただ、それだけ元々が知能の高い優秀な人ということでもあり、早くに社会に出て活躍できる能力をもっています。

異常干支」も「魁罡」も才能溢れる人が多いため、どちらにも該当する「戊戌」は、頭脳明晰で勉強が得意であることが多く、特に想像力や芸術性、文章力に優れています。高い分析力をもつうえに想像力豊かな面白い人なので、独自のアイデアを活かして作品を生み出すこともできますし、負けず嫌いでもあるのでスポーツや芸能の世界でも活躍できるでしょう。

頑固な反面、繊細で心配性

強い意志と自尊心をもつ「戊戌」は、自分の考えや一度決めた事は誰に何を言われようと絶対に変えない、とても“頑固な人”です。普段は温厚で気遣いもできる人ですが、目的を達成するためなら強引に自分の意志を押し通したり、好き嫌いもハッキリしているので、若いうちは特に目上に反発したりして苦労をすることも少なくありません。なので、ワガママになっている場合には注意が必要です。ですが、それだけ“信念が非常に強い”ということでもあり、「戊戌」は苦労に耐えて、最終的には成功を手にできる可能性が高いです。

ただ、そんな頑固なところがありながら、「戊戌」にはとても“心配性で繊細”なところもあります。そもそも頑なな態度をとる裏には、強い意志と自尊心の他に、用心深さから動かないという部分があり、人一倍物事を考え過ぎてしまいます。そのため、人付き合いでもなかなか心を開きませんし、負けず嫌いなゆえに気を張って疲れやストレスを溜めやすいです。それに本当は傷付きやすくて緊張もしやすいのに、真面目で責任感が強いので仕事でも家庭でも頑張ってしまいます。無理をし過ぎると体がダウンしてしまったり、精神的にもストレスが爆発して自分の世界に閉じこもってしまうことがあるので、あまり一人では背負い込まず、自然に触れたり、体を動かすなどストレスを溜めないような生活習慣ができるといいでしょう。また、“宝の山”にも例えられる「戊戌」は、本来能力にも運にも恵まれているのですが、思い込みが強く、これは自分にはできない、と自分で自分の可能性を決めつけて途中で諦めてしまうことがあります。そのため「戊戌」は、自分の進むべき道を定めたら、ぶれずに長く続けることが重要で、そのうえで周りのアドバイスに耳を傾ける素直さや誠意をもてると、良い方向へ運気が運び順風満帆な人生が送れます。

 

日干支が「戊戌」の恋愛・結婚

戊戌」は、自分の考えや価値観はハッキリしていますが、なかなか人に心を開かない慎重なところがあり、恋愛面では不器用な人です。相手の外見やステータスよりも人間性を重視しており、好意をもつ相手ができても素直になれず、なかなか気持ちは伝えられません。アプローチする際は、相手の反応を見てから自分の出方を決めていきます。時間は掛かりますが、「戊戌」は心を開いた相手にはとても愛情深いので、交際に至ればとても誠実でよく尽くしてくれます。

女性の場合は、意地っ張りで責任感が強い人が多いです。見た目は温厚で女性らしい印象ですが、実はあまりオシャレなどには無頓着で、意地っ張りなところがあります。でもその割には寂しがり屋で、気分が沈んでる時に優しくされただけで好きになってしまうことも。結婚生活では、家事も育児も頑張る愛情深い母親になりますが、真面目にやり過ぎる傾向にあるため、仕事と両立したり、息抜きが必要です。また、やや夫を責め立てる傾向にもあるためその点にも注意が必要です。タイプは、包容力のある優しい人や言動に一貫性のある人を好むようです。

男性の場合は、素直になれない反面、家族愛が強い人が多いです。地味でやや野暮ったい印象をもたれたり、素直になれないところもありますが、優しくて知的な色気があり、相手からの相談を聞いてうちに交際に発展したり、または相手から慕われて交際に発展するというケースが多いです。結婚生活では、家族の事を一番に考えるような人で、穏やかな家庭を築くでしょう。ただ、少々過干渉気味な傾向はあります。タイプは、清楚で可憐な人や一緒にいて楽しいと思える人を好むようです。

異常干支」の「戊戌」は、男女共に初婚に失敗しやすいとされており、一度目の結婚がとても重要となります。また、配偶者の影響を受けやすく、その相手によってその後の人生が変わるともいわれています。

 

日干支が「戊戌」の適職

頭脳明晰で想像力豊かな「戊戌」は、様々な分野で活躍できる可能性を秘めてはいますが、アレコレ手を出すよりも、ひとつの事を長く続けてこそ成功を手にできる人です。そのため「戊戌」は、ひとつの事を極めていくような専門的な仕事が適職です。頭が良くて勉強ができる博識な人が多いので、医師や弁護士などの資格が必要な仕事に向いていますし、学問や研究の分野でも持ち前の高い分析力を活かせます。プログラミングなどのコンピューターを扱うような仕事もいいでしょう。

 

 

戊戌」は、負けず嫌いで感性に優れるのも特徴です。何らかの思想や概念に縛られていたりと、一般の人とは異なった価値観、感性の持ち主で、その独特な想像力でユニークな企画を立てられたり、作品を生み出すことができます。一度ハマると徹底的に突き詰めていく芸術家肌で、特に文章力に優れているため、作家として才能を発揮することが少なくありません。スポーツ等ではその強い競争心を活かせますし、役に入ると普段とはまるで人が変わったように入り込めるので、俳優業にもとても向いています。また、頭の回転が速いうえに、普段から周りに慕われている温厚な親分肌な人なので、人を扱うのが上手く交渉術に長けています。やり手な人なので、経営者としても成功できるでしょう。逆に、そんな「戊戌」に向いていないのは、正確性が求められるような仕事だといえます。真面目で慎重で頭の良い「戊戌」ですが、実は少し天然で雑なところがあり、大事なところでたまにミスをしてしまうことがあります。そのため、税理士や貴金属を扱うような仕事はあまり向いていません。戊戌」は、人生の自由が得にくいとされる「参籠の業」をもつため、制限やしがらみに悩んだり、縛られたような感覚で生きている人が多いといわれています。なので、時に反発したり、仕事を途中で辞めたくなることも多いでしょう。ですが、実は受け身でいたほうが良いとされていて、従順にひとつの道を極めていくことで成功しやすく、評価を得やすいです。

適職

専門職、医師、看護師、技師、薬剤師、弁護士、教師、研究職、プログラマー、IT関係、企画職、開発職、クリエイター、宗教家、漫画家、小説家、作家、芸術家、料理人、スポーツ選手、俳優、営業職、マスコミ関係、人材派遣業、経営者、不動産業など

日干支が「戊戌」の有名人

池波正太郎 五木ひろし 岩本照(Snow Man) 岡本和真 オダギリジョー 亀梨和也(KAT-TUN) 久保建英 佐藤アツヒロ 高橋克典 橘ケンチ(EXILE) 田村亮(ロンドンブーツ1号2号) 筒井康隆 中島健人(Sexy Zone) 南原清隆(ウッチャンナンチャン) 濱家隆一(かまいたち) 悠仁親王 ヒロミ 藤原竜也 前園真聖 豆原一成(JO1) 三島由紀夫 ウィル・スミス

愛子内親王 浅野ゆう子 池上季実子 尾形春水 北川景子 清原果耶 さとう珠緒 瀬戸朝香 トリンドル玲奈 春名風花 福田麻貴(3時のヒロイン) 藤田ニコル 松井玲奈 松たか子 真飛聖 三倉佳奈 三倉茉奈 三船美佳 森尾由美 マリア・シャラポワ